身体の不調を発見して改善策を練る|ヘルスケアで驚きボディ

多くの効能を持つ

中国の修験者がそのルーツ

漢方

日本では近年になって冬虫夏草は有名になりましたが、中国や韓国では古くから知られる漢方であり、キノコの一種です。その歴史は非常に長く、中国では紀元前から修験者が深山に篭って修行をする時に、病気を直し体を整える薬膳として用いられていました。 厳しい自然環境に向き合う修験者達は霊峰の奥深くに分け入る時も、冬虫夏草を採取して木の実などと練り合わせて作った丸薬を持ち歩いていました。この丸薬が時の皇帝の目にも留まり、やがて人々に広く愛飲されるようになった歴史があります。 現代の日本でも冬虫夏草は様々な疾患に対して改善効果が望める上に、精力剤や滋養強壮剤としても用いられています。その働きは各種アミノ酸や亜鉛、メラトニンといった成分の働きであることが判明しています。

冬虫夏草の働きについて

中国では古くから皇帝が探し求める希少な漢方生薬としての歴史があり、日本でも近年つとに知られるようになった冬虫夏草はその特徴として、数多くの疾患や生活習慣病の予防に対して効果があるとされています。 例えば細胞の老化現象を引き起こす活性酸素の抑制作用があるため、疲労回復や若返りの効果が期待できます。また冬虫夏草に含まれるポリサッカロイドは、体の免疫機能を高める働きがあり、病気に対しても強い体を作るのに役立ちます。コレステロール低下や動脈硬化予防、血圧降下作用も研究で分かっており、成人病の予防や症状改善も望めます。 また冬虫夏草は精力剤としても知られており、性機能の低下を防ぎ滋養強壮効果を与えてくれます。このため天然の精力剤としても、多くの人に用いられています。